Made in Japan

Made in Japan

モノづくりの日本から

皆様は「Made in Japan」に対して、どんなイメージを持っていますか?
安心、製品の良さ、価格が高いなど様々なイメージがあると思います。
どこの国で作られている洋服も人の手によって作られ、人へと渡っていきますが、日本製の商品には繊細さと美しさがある、値段よりも価値を感じることがあるかと思います。

現代の日本では国内生産の洋服は約2%にまで下がっていますが、Made in Japanの魅力にフォーカスし、人々に良いものを届け、「笑顔」になってほしい。
そういった想いからMade in Japanに対するこだわりが生まれました。

生地へのこだわり

オンラインストアのみでは生地感がなかなか伝えられないため、ジャーナルで詳しくご紹介します!

 
1.T-shirts & Long sleeve T-shirts
生地:30/2スーパー度詰天竺

 

Point!
30番手の糸を2本撚り合わせた糸を使用し、目を詰めて編み上げられた天竺です。
天竺とは、Tシャツ使用される生地の中でも最も一般的な編み方で「平編み」とも呼ばれています。
密度を詰めて生地を編み立てることで、編み目がきれいにそろい、
編み地の見た目もきれいになり、タフでコシのある風合いが生まれます。

 

 2.Hoodies & Sweat

生地:30/7度詰裏毛

Point!
和歌山のニッターと協業し、現在では数台しか稼働していない旧式の編み機を使用しています。
編み立ての速度が非常にゆっくりしているため、通常の編み機では表現できない膨らみとやわらかいタッチが特徴。
裏地は裏起毛ではなく、裏毛のため重ね着してもシルエットを保てます。

 

3.ワンポイント/クルーネックTシャツ

生地:30コーマ天竺ソフト仕上げ

Point!
コーマ糸を使用し強度があり、けばが少ない天竺地の素材です。
コーマ糸とは綿花を紡ぐ最終工程でコーミングを行い、短い未熟部分などを約15%〜20%取り除いた高級綿糸の事です。
長い繊維だけが平行に揃えられた糸は強さを増し、毛羽立ちも少なく肌触りの良いソフトな生地になります。